園の概要
  沿 革  
昭和54年に浄念寺門徒の浄財で幼稚園を設立する。
平成5年2月に園舎を増築し、園庭を拡張する。
  名称について  
「あいく」というのは、インドのアショーカという王様の名前です。
紀元前3世紀にマウリヤ朝第3代の王となり、インドを統一して、仏教を理念に心豊かで安定した国家の実現に努力した人です。
アショーカは中国や日本では阿育(あいく)王ともいいます。ここから命名しました。
  あいく幼稚園の目標    〜子どもたちへの願い〜
「恵まれた いのちを伸び伸びと生きる」
1. 仏さまへ素直に手を合わし、あいさつのできる子であって欲しい。
2. ものごとの善し悪しを判断できる子であって欲しい。
3. 人間として育って行くのに必要な、健康でたくましく、しなやかな身体を持つ子になって欲しい。
4. 人間的な感情を豊かに備え、泣いたり、笑ったり、怒ったりすることのできる、自分を十分に表現できる子に育って欲しい。
5. 仲間と共に育ち合うために、「いのち」への思いやりを持ち、隣人へのやさしさを持つ子に育って欲しい。
6. いろいろなものに興味を持ち、自分で考え自分で工夫しながら、物事に取り組む子どもであって欲しい。
  こんな幼稚園でありたい    〜わたしたちの願い〜
1. 子どもの要求を大切にし、遊びと生活が保障され、子どもらしく生きる権利が守られる幼稚園でありたい。
2. 自然の中に、泥や砂や水などがふんだんに提供され、遊びをとおして、子どもの心と身体が解放される幼稚園でありたい。
3. よりよく子どもを育てるために、教職員と保護者が連携し、協力し合い、共に育っていく幼稚園でありたい
4. 地域の幼稚園として、子どもを持つ親の子育て支援のセンター的な役割を担っていきたい。
学校法人 浄念寺学園 あいく幼稚園  〒737-2512 呉市安浦町安登西5丁目25-26 TEL0823-84-5860 FAX84-5867